快適なお風呂にするために浄水器を取り付けましょう

  1. ホーム
  2. 熱を遮断する優れものです

熱を遮断する優れものです

シャワー

定期的に買い換えよう

浴室は常時暖かい環境になっていると、いつ風呂に入っても快適に過ごすことができます。しかし、一度張った湯は時間と共に冷めていき、気が付くとぬるま湯になっていたという経験がたくさんあります。昔は浴槽に追い炊き機能が付いておらず、冷めてしまうと足し湯を行うことで湯を温めてきました。当時から湯の熱を逃がさないツールとして使われていたものに風呂ふたがあります。風呂ふたは湯から立ち上がる蒸気を抑える事で、熱を逃がさない状況を作っています。当時は大きな板を複数枚広げて使いました。最近では大きな板状のものだけでなく蛇腹型にたたむことができる物や、より保温効果が高いアルミシートと風呂ふたを併用することで暖かさを維持させてきました。風呂ふたは常時湿気を帯びている浴室に置いてあるため、カビの発生が多くなります。衛生面を考慮すると、定期的に風呂ふたを買い替えるとよいでしょう。浴室のサイズによってさまざまな大きさのものがあります。衛生上商品の交換ができないため確実にサイズを確かめましょう。浴室が比較的狭い場合には複数に折りたたんで収納できる、場所をとらないものを選ぶと便利です。また、浴室を掃除する際、浴槽ばかりに目が行きがちですが、風呂ふたの掃除も忘れずに行いましょう。出来れば毎日乾燥させることで寿命が長く使用できます。浴室を乾燥機で乾かす場合には浴槽に掛けるのではなく、立てかけておくと水分が抜けやすくなります。