ネットで販売されている医薬品を安全に購入したい方へ

>

医薬品は3種類に分けられる!一般用医薬品の区分とリスクとは

一般用医薬品のリスクの度合い

それぞれの患者さんに合った薬を処方する「医療用医薬品」や、特に注意が必要な劇薬などの「要指導医薬品」と違い、一般医薬品は「市販薬」「大衆薬」とも呼ばれ、年齢や体質が違う様々な人に合うよう効果を調整されています。しかし、副作用の危険性が全くないわけではなく、眠気やのどの渇きといった軽い症状から、じんましんや腹痛、おう吐、重い症状では肝機能障害など、大きな健康被害が生じる恐れがあるので、使用にひときわ注意が必要な薬もあります。そのため、一般用医薬品はリスクによって「第3類医薬品」「第2類医薬品」「第1類医薬品」の3つの区分に分けられ、それぞれ異なる注意事項・販売ルールが設けられています。これらのルールは薬機法という法律によって定められており、厳しく管理されています。

医薬品の3つの区分

一般用医薬品の購入は、医療用医薬品と違い、基本的に一般の購入者に判断をゆだねられます。そこで、購入者が誤った判断をしないよう、市販薬をリスクによって分け、各リスク分類のアドバイスのあり方・販売ルールを法律で定めました。
第3類医薬品は、比較的副作用が弱い薬が分類されます。この区分の医薬品は、薬事法改正前もインターネットや登録販売者などが常駐しているお店で販売されており、以前から比較的入手が簡単でした。
第2類医薬品は、副作用で日常生活に障害をきたす恐れがある風邪薬、解熱鎮痛剤などが当てはまり、薬剤師・登録販売者が消費者へ情報提供をすることとされています。
そして第1類医薬品は、副作用で健康被害が生じる可能性があり、特に注意が必要な一部の強い胃薬、毛髪用薬などが該当します。この分類の医薬品は販売登録者のみで販売することはできず、薬剤師より消費者へ情報提供をすることが義務付けられています。


この記事をシェアする