>

便利?それとも危険?医薬品ネット販売

ネットで医薬品購入!新ルールとは?

一般医薬品は、以前はリスクが少ない医薬品以外は、インターネット販売が許可されていませんでした。
そこで、医薬品区分の見直しを行い、一般的に販売している医薬品は一定の条件のもとであれば、インターネットや電話での販売が許されるようになったのです。
ネットで購入の際は、薬剤師からの情報提供がメールで送信され、購入者が内容を確認しなければ、医薬品は発送されません。実店舗と同じように、薬の説明や相談を受け付けることが義務付けられています。使用者の年齢や性別、現在の症状や持病の有無、薬の用法・用量、服用の注意事項などを細やかに確認し、双方同意の上で医薬品の売買が成立するので、実店舗と変わらず、安全といえるでしょう。

医薬品のネット販売は誰にでも可能?

近頃、多くの人が比較的気軽にネットショップの店舗を持てるようになりましたが、医薬品の販売は誰にでも可能なのでしょうか?
答えはNO。医薬品のネット販売は、実店舗を持ち、薬局の販売許可を取った販売業者のみが行うことができます。
更に薬剤師が常時配置されていること、常に電話での相談に対応できること、ネット販売の医薬品は実店舗に陳列している商品であることなど細やかな条件が義務付けられています。
また、販売サイトにはトップページに店舗の名称や実店舗と薬剤師の写真、販売許可証や連絡先の掲載しなければならず、見た目でも信頼できるホームページにすることや、購入者が情報を理解したことの確認、オークション販売・販売者のレビューは禁止すること等、安心・安全のために様々なルールの下で管理されています。


この記事をシェアする