快適なお風呂にするために浄水器を取り付けましょう

カルキの少ない状態に

お風呂場

蛇口の付近や屋外に

家庭のキッチンやお風呂などで使う水道水には、殺菌用のカルキが多少含まれています。カルキには独特の匂いがある上に、量によっては体に悪影響を与える可能性があることから、多くの人がキッチンに浄水器を設置しています。また、カルキの含まれた水道水を浴びると、髪や肌の美しさが損なわれやすくなるため、お風呂に浄水器を設置する人も増えています。お風呂の浄水器は、入浴剤などの香りを楽しむためにも役立ちます。いずれの場合も、浄水器は蛇口の付近の水道管に取り付けることになります。水道管内を通ってきた水道水は、いったん浄水器に入り、フィルターでカルキを除去された上で、蛇口から出てくるのです。これにより、カルキがほとんど含まれていない、より安全な水道水を利用できるようになります。ただし浄水器は多くの場合、一升瓶ほどの大きさとなっています。そのため中には、設置によってキッチンやお風呂の空間が圧迫されることが気になるという人もいます。そのような人のため昨今では、浄水器の設置は屋外でもおこなわれるようになっています。屋外の水道管に取り付けるわけですから、屋内の空間は圧迫されませんし、インテリアの妨げにもなりません。また、基本的に屋外工事となるため、屋内工事に抵抗があるという人からも、注目されています。さらにこのタイプの浄水器は、住宅内の全ての蛇口に通じる水道管に設置することも可能となっています。キッチンやお風呂だけでなく、洗面台や洗濯機で使う水道水もカルキの少ない状態になるため、より体に優しいということで話題になっています。

風呂桶

簡単にできる風呂の修繕

浴槽のお湯が冷めるのを防ぐためにも、風呂ふたは欠かせない物です。破損等により新しい製品へ付け替える際には、ぴったりと浴槽を覆うことができるよう長辺と短辺について採寸しておきます。収納しづらい風呂ふたの場合には、収納用のフックも買ってくると便利です。

シャワー

熱を遮断する優れものです

風呂ふたは浴槽の湯の熱を外へ放出しないよう、遮断してくれる役目があります。常時湿気に触れているため、カビが発生しないようこまめに掃除を行いましょう。浴室の大きさに合わせて折り畳みのできる風呂ふたがあるので、事前にサイズを確認しましょう。

浴室

浴槽に合ったふたが欲しい

最近ではお風呂の時間を大切にしている人が増え、自宅にはオリジナルのお風呂を作っている人もいます。ここで問題になるのがお風呂ふたですが、オーダーメイドのお風呂ふたを制作してくれる業者に依頼をすれば問題を解決することができます。