ネットで医薬品を買うのは危なくないの?利用するときの注意点

ネットで販売されている医薬品を安全に購入したい方へ

便利?それとも危険?医薬品ネット販売

平成25年12月から薬事法が改正され、医薬品に割り振られる区分を見直し、医療用医薬品や、使用に注意が必要な「要指導医薬品」を除いた一般用医薬品が、インターネットで販売できるようになりました。販売は厳しい条件下で管理されており、消費者の安全を守っています。どのようなルールが設けられているのでしょうか。

医薬品は3種類に分けられる!一般用医薬品の区分とリスクとは

一般医薬品は3種類に区分分けされていることはご存知でしょうか。区分によってリスクの度合いが異なり、扱い方、販売ルールも変わります。薬の区分を知ることは、購入・服用する際のリスクを回避することにつながります。医薬品を適切に利用できるよう、心がけが必要です。

ネットで医薬品を購入する注意点は?

インターネット上では、安全性が確保できていない海外製の薬品を個人輸入できたり、無許可の販売サイトと知らずに利用してしまい、トラブルに巻き込まれてしまう被害が増えています。では、どうやって悪質なサイトに惑わされずに、安全なサイトを見分ければよいのでしょうか?

ご存知ですか?医薬品販売の新ルール

急な頭痛、腹痛、風邪。突然の体調不良に悩まされることは、生活しているうえで頻繁に起こりえることです。
そんなときに頼りになるのが、ドラッグストアで販売している薬。しかし、時間帯によってはドラッグストアの薬剤師が不在で薬が購入できないこともありますし、お店自体が遠く、買いに行けない場合もあります。
仕事や家事、その他様々な都合で薬局に行けないときも、ネット通販で解消されると考えると大変便利に思えます。けれども医薬品には副作用などのリスクが伴いますので、誤った服用をすると治るどころか悪化する可能性も。
「時間や場所を問わずネットで注文できるのは便利。でも薬剤師に直接説明してもらえないのは不安」「買いに行く手間は省けるけれど、誤った服用をしてしまったり、違法な商品が届くのでは?」など、利点や問題点がいくつも考えられます。
ですが、医薬品のネット販売は安全面を考慮したうえで行われており、インターネットで販売するための条件がもうけられ、薬剤師や登録販売者は、消費者への情報提供が義務付けられています。
販売者と消費者が、お互いルールを守り利用すれば、より便利・より安全に薬を購入することができるでしょう。
そのためには、販売ルールや医薬品ネット販売を利用する際の注意点を知ることが重要です。
このサイトでは、安心してネットで医薬品の購入をする方法について紹介しています。
医薬品の分類、違法サイトと安心できる販売サイトの見分け方についても紹介しておりますので、参考にしてください。

おすすめリンク

アモバンって何に便利?

アモバンは何に使われているのでしょうか?使用例を見ながら使い方をチェックしましょう。